節税対策の不動産

不動産で節税対策が可能


トップ

不動産を持つ事で節税

会社で収入を得ている人は、会社の人が確定申告をするのであまりなじみがないことかもしれませんが、自分でやることにより節税をすることが可能なのです。不動産を所有するとしてもローンなどで赤字になってしまえば、サラリーマンとしてもらっている給料と相殺をすることで、税金が戻ってくることがあるのです。所有することが節税になるために、あえて持つ人も多く、これからの時代に不動産は、資産として残すには持って来いの商品なのです。実際に住んでくれる人がいなければ赤字も大きくなるので、最低限人気がある物件を所有しなければならないですね。

節税目的での賃貸経営

税制が改正されるまでは不動産賃貸経営をやっていた人でも赤字で行っている人がいました。赤字にすることで納める税金を減らそうといういわゆる節税目的の賃貸経営だったわけです。しかし、赤字の経営を行っている人に事業融資をすることはできないということで、銀行などの融資の際に断られることになるわけです。基本的に合法的に節税するなら、そのやり方に間違いはないでしょう。しかし、あえて赤字にすることで払う税金を減らすとなると、本来の目的から外れてしまいます。不動産の賃貸経営でも黒字を目指すのが王道だといえるのかもしれません。

[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

HOME | SITEMAP

© Copyright 不動産で節税対策が可能. All rights reserved.